電気のスマートメーターとは?どんな役割で誰が設置するのかなど、スマートメーターにまつわる基礎知識をご紹介!

電力自由化とは?

スマートメーターって何?そう思っている方は意外と少なくありません。

キーワードが「電力自由化」なので、電力自由化そのものに興味がない方は知らなくて当然かも知れませんね。ただこのスマートメーターは私たちの暮らしに必要性が高いものなのです。

そこで今回は今さら人に聞けないスマートメーターの基礎知識をご紹介します。

スマートメーター

スマートメーターとは?

スマートメーター

まずはスマートメーターがどんなものなのか、どんな機能をもっているのか確認しておきましょう。

スマートメーターとは、通信機能を備えた電力メーターのことをいいます。電気使用量をデジタルで計測し、電気料金を算出しています。2016年に電力が全面自由化されて以来、電力会社を乗換えた家庭には設置が必須です。

スマートメーターの機能は?

スマートメーターとは何に使うものなのか機能を確認してみましょう。先ほどご紹介したように、スマートメーターには通信機能が備わっています。これにより30分ごとに電気使用量を自動で計測、電力会社のサーバーに情報が送られるようになっているのです。

電力消費量の予測や分析ができる

これまでは家庭に送られてくる電気料金の明細を元に「今月は安く済んだ」とか「来月は節電頑張ろう」くらいのおおよその目安しか予測が立てられませんでした。しかしスマートメーターは使用電力量や使用習慣に基づき、電力消費量の予測や分析を瞬時にしてくれます。

そのため電力をいかに効率よく使うにはどうしたらいいのかを細かく教えてくれるわけです。これによりいつの時間帯がもっとも電力を消費しているかなどが「見える化」されるので、具体的に節約する部分がハッキリと分かり行動に移せるようになります。

HEMS(ヘムス)があると一層便利に

スマートメーターの専用機器「HEMS(ヘムス)」を取り付けると、家庭の電力使用状況をモニターで閲覧できるようになります。いつどこでどんな電気を無駄に使っているか、また節約できているかが一目で分かるのです。

そのため一人一人に節電の意識が自然と芽生え、これにより約10%の省エネが可能になるといった、一般財団法人省エネルギーセンターの調査報告もされています。モニターだけではなく、アプリをインストールすることでスマホやパソコンからも閲覧ができるのでとても便利ですね。

電力メーターと何が違うの?

電力メーターとの違い

スマートメーターの話を聞いていると「電力メーターと同じだよね?」と思う方も多いでしょう。実際のところ、スマートメーターと電力メーターは違います。まず電力メーターには、スマートメーターのような通信機能は備わっていません。

つまりわざわざ検針員を派遣しなければ、その家庭の使用電力量は分からないのです。デジタル化が当たり前の現代にとって、スマートメーターは各家庭に欠かせない存在となっています。

電力自由化とは?

電力自由化とは?

最初の項目で「電力の全面自由化」という言葉が出てきました。

今度はスマートメーターとは切っても切れない「電力の全面自由化」についてご紹介します。

電力の全面自由化とは、2016年の法の改正により電力の販売が一般企業にも認められた制度のことをいいます。これまでは各地域の大手電力会社でしか、契約できませんでしたが価格の競争化を図り全体的に電気代の負担を減らそうというのが目的です。

電力の販売をしている大手電力会社以外の企業を「新電力」と呼び、2019年10月時点での新電力企業は全国に600社近くもあります。私たちは大手電力会社に限らず、このおよそ600社の企業と自由に電気の契約を結ぶことができるのです。

そしてこれまでの大手電力会社から契約を乗換えた家庭や商店には、このスマートメーターの設置が必須となっており、今後はスマートメーターは2024年を目標に、設置率100%を目指しているともいわれています。

電力会社を乗換えた以外にも、家を新築した時や電力メーターの有効期限が切れた時、またHEMSの情報サービスを申し込んだ際も設置の対象です。

スマートメーターに関する疑問をまとめて解決!

スマートメーターに関する疑問

それでは最後にスマートメーターに関してよくある疑問をまとめてご紹介します。

スマートメーターについてもっと知りたい方は参考にしてみてくださいね。

誰が設置するの?

まずよくあるのが設置は誰かがしてくれるのかどうか。スマートメーター本体が届いて「自分で設置してね」だと不安ですよね。電気の素人にはとても扱えるような機械ではありません。

ですが、そこは安心してください。スマートメーターは業者が来て設置してくれます。もっと厳密にいうと住んでいる地域の大手電力会社の送配電部門の作業員となります。電力会社を乗換えたからといって、新電力の作業員が来るわけではありません。

スマートメーターはどんな見た目をしているの?

最近引越したばかりや、新築で家を建てた場合、すでにスマートメーターがあるのでは?と思う方もいるでしょう。スマートメーターがご自身の家庭にあるかどうかは見た目で判断が可能です。見た目はメーカーによって若干異なりますが、これまでの電力メーターに比べてコンパクト。

これまでの電力メーターにあった円盤状の部品も付いていません。ボックスの形をしていて、家や店舗の外壁に取り付けてあることがほとんどです。色はグレーやアイボリーなど地味目な色をしています。

本体価格は?設置にいくら掛かる?

そんなにも優れた機器ならきっと価格もそれなりにするはず…。本体価格や設置費用も気になりますよね。家庭への負担はどのくらいなのか調べましたが、本体価格や設置に関する費用負担はありません。

私たち消費者に本体価格や設置費用を請求されることはないので安心してください。むしろ設置に掛かる費用を請求してくる業者がいたら「怪しい」と思っておきましょう。また設置の際の立ち合いも原則不要なので、外出中や手が離せない時でも大丈夫です。

スマートメーターにすることのメリットは?

検針員の人件費が不要になった

スマートメーターには通信機能がついており、電力会社に使用量の情報が送られます。つまり今まで各地域にいた検針員を派遣する必要はありません。これにより検針員に掛かっていた人件費が不要となり、大きなコスト削減を実現させました。

検針員が来ないから自宅の敷地内に入られることがない

検針員が来ないのもメリットの一つといえるでしょう。今までは使用量を確認するのに検針員が自宅を訪れていました。敷地内に入られるのに抵抗がない方もいれば、中にはどうも落ち着かなくて安心できないという方も。これまでに検針員を装った犯罪が一度もなかったかといえばそうではありません。

特に高齢者やお子様がいる家庭はヒヤヒヤした経験もあるでしょう。スマートメーターにすることで、検針員が来ることがないので防犯面でも安心できる要素が増えました。

電気の使用量を目視確認できる

スマートメーターやHEMS(ヘムス)を使用することで、現状の電気使用量が分かります。これまでは毎月の請求書でしか確認できなかった電気の使用量が、リアルタイムで確認できるようになりました。

そのため「今はリビングの電気を使いすぎている」「帰宅後は一気に使用量が上がっている」このように使用量を「見える化」することで電気の使い方について、一人一人が自発的に考えるようになるのです。

スマートメーターの利用方法を知って電気と向き合おう

スマートメーターの利用方法

今回はスマートメーターの基礎知識やメリット・デメリットをご紹介しました。

スマートメーターについて知りたい方や、今さら人に聞けなくて悩んでいる方の参考になったでしょうか。スマートメーターは何となく付いているだけと思ったら大間違い!

使い方を知っておくことで節電・節約にも繋がるのです。これからは家庭のスマートメーターを細かくチェックして、電気の使い方について向き合ってみてくださいね。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー