1カ月のガス代の平均額は?引越し前にチェックしてみよう!

1カ月のガス代の平均額

私たちの生活に欠かせないのがガスですが、1カ月のガス料金の高さに驚いてしまった!なんて経験がある方も多いのではないでしょうか。引越し後の生活では、ぜひ上手にガス代を節約したいところです。

とはいえ、自分の家庭のガス使用量が他の家庭と比較してどうなのか、よくわからないもの。そこで今回は、1カ月当たりのガス使用量の平均について紹介していきます。

1カ月のガス代の平均額

ガス代の世帯別平均額の目安とは?

ガス代の世帯別平均額の目安

1カ月当たりのガス代の平均額は、家族の人数によっても変わってきます。

1人世帯であれば、1カ月当たりのガス代は大体3,000円~3,500円程度が平均となります。一方で2人以上の世帯になると、ガス代負担はぐんとアップ。5,000円~6,000円がおおよその平均値となります。

1人暮らしのときには、それほど負担を感じなかったガス代も、家族の人数が増えることによって「大幅に増えた!」と感じてしまいがちです。生活スタイルが異なる人同士が一緒に生活することで、自然とガスを使用する機会も増えるのでしょう。火やお湯は、私たちの生活にとって非常に身近なものだからこそ、「無駄遣いをしているつもりはないのに、なぜだかガス代が上がってしまった」と感じるケースも多いのかも知れません。

一方で、家族の人数が2人以上に増えた場合には、ガス代に大幅な変動は生じないとも言われています。

たとえば子どもが生まれて2人家族から3人家族に増えたとしても、調理やお風呂の回数が急激に増えるわけではありません。家族の人数と共に、ガス代負担も緩やかに上昇していくイメージです。

プロパンガスは都市ガスと比較して高い

プロパンガスは高い

ガス代の1カ月当たりの平均額が5,000円~6,000円と聞いて、「我が家はそれよりも、うんと高い!」と驚く方も多いのではないでしょうか。「節約しなくちゃ!」と焦ってしまいがちですが、残念ながらどれだけ頑張って節約しても、平均値に近付けられないケースもあります。

ガスには、原材料や各家庭への供給方法の違いによって、

・都市ガス
・プロパンガス
という2つの種類が存在しています。プロパンガスは都市ガスよりも高い値段が設定されているケースが多く、プロパンガス使用のご家庭がこの平均値に近付けるのは非常に難しいでしょう。

都市ガスを利用するためには、都市ガスを各家庭まで供給するためのガス管が整備されていなければいけません。この設備が整っているエリアで生活していれば、公共料金の一種であり、価格が安定している都市ガスを利用可能です。

しかしこれ以外のエリアで生活している場合、自宅に専用のボンベを設置して使う、プロパンガスを選択せざるを得ません。プロパンガスの料金は地域や販売店ごとに異なっており、地域によって差が出やすくなっています。

都市ガスであれば、地下に埋められたガス管を通じて、各家庭に手間なくガスを届けられます。一方でプロパンガスの場合はそういうわけにはいきません。まずプロパンガスを現地まで輸送するコストがかかりますし、ボンベの設置や交換など、定期的なメンテナンスによって人件費もかかってきてしまいます。

またこのほかにも、

・ガス販売店ごとの競争が起きにくい
・ガスを利用するための初期工事費用分が上乗せされているケースが多い
・火力が強い分、ガスの使用量も増えやすい

といった理由により、都市ガスよりも高値で販売されやすいという特徴があります。

平均金額の差で言えば、プロパンガスを使用した場合、都市ガス使用の1.8倍~2.0倍程度の料金になると言われることも。都市ガスとプロパンガスの価格差は、地域によっても大きく状況が異なります。プロパンガスを使用している場合、ガスの平均使用量に地域のガス料金の平均を掛け合わせて、みんなの使用状況や1カ月当たりのガス代チェックをしてみるのがオススメです。

住む地域によってもガス代の負担は変化

地域によってもガス代は変化

1カ月当たりのガス代平均は、暮らしている地域によっても変わってきます。北海道などの雪国で生活している場合と、比較的温暖な地域で生活している場合では、温暖な地域の方がガス代負担は少なくなりがちです。

また当然、ガス代の負担金額は季節によっても変動します。夏場よりも冬の方が、ガス代負担は大きくなるでしょう。8月~9月はガス代平均が少なくなりやすく、1月~2月は高額になりやすいです。2倍程度の差が生まれるケースも少なくありません。

自宅の中でもっともガスを使いやすいのが、給湯システムです。冬場はお風呂以外にも、日常的な手洗いや洗顔においてもお湯を使いがちです。またせっかくお風呂にお湯を入れても、すぐに冷めてしまうもの。追い炊き機能を使う回数が増えることも、ガス代アップの理由だと言えるでしょう。

引越し後のガス代について予測する場合には、ぜひ地域ごとの差や季節による変動幅についても意識してみてください。より実生活に近い、リアルな予測数値が導き出せるはずです。

引越しするなら、ガス支出額を減らす工夫をしてみては?

1カ月のガス代の平均額

引越しするということは、今生活している環境から抜け出して、新しい環境で一から生活をスタートするということです。ガス代の平均支出額には、契約しているガスの種類や気候や環境なども深く関わっていますから、引越し先をしっかりとチェックすることが、ガス代平均を押し下げる要因にもなり得るのです。

具体的には、以下の3つの項目を意識してみてください。

都市ガスエリアを選択する

引越しのタイミングでガス代を節約したい!と思った際に、もっとも効果が大きくなるのが、都市ガスの利用です。引越し先で、都市ガス利用エリアとプロパンガス利用エリアが混在しているのであれば、都市ガスエリアを選択した方がガス代の節約につなげやすいです。

現在使用しているのがプロパンガスであれば、引越し先に都市ガスエリアを選択するだけで、1カ月のガス代平均をぐっと抑えられるでしょう。一方で、現在都市ガスを利用している場合、何気なくプロパンガスエリアを選ぶことが、急激なガス代アップにつながってしまう可能性もあります。

引越しが決まったら、引越し先のガス事情についてもしっかりとチェックしてみてください。

プロパンガス料金の平均をリサーチする

引越し先によっては、選択肢はプロパンガスのみということも、十分に考えられます。この場合でも、ガス代平均を下げられる可能性はあります。できるだけ安い価格でプロパンガスを提供している販売会社を選びましょう。

地域で契約できるプロパンガス会社をチェックしたら、それぞれの料金について問い合わせをしましょう。納得できる価格でガスを提供してくれる会社と契約を結べばOKです。

ただし引越し先が賃貸住宅の場合、ガス会社の選択権は大家さんにあります。入居者が勝手にガス会社を変更するのは難しいので、賃貸物件を探す際にガス契約会社や料金についてもチェックしておくことが大切です。

ガス使用量が少なくても快適な生活ができる環境を選ぶ

ガス料金は、どのような環境で生活するのかによっても大きく変わってくるものです。ガス代節約のことだけを考えるのであれば、できるだけ温暖な地域で生活した方が、お得になるでしょう。

また寒さが厳しい地域に引越す場合でも、断熱性の高い住宅を選択できれば、冬場のガス使用量を抑えることにもつながります。ぜひこちらも意識してみてはいかがでしょうか。

引越し先のガス料金が気になったら、まずはネットで検索を

引越し先のガス料金

引越しをして生活環境が変われば、ガス代の月平均も大きく変わってくるかも知れません。まずは引越し前に、相場や平均についてチェックしてみてください。

また都市ガス自由化に伴い、都市ガスでもプロパンガスでも、自分自身で自由にガス会社を選択できるようになっています。引越し先地域で、自分にとってベストなプランを提供しているのがどこなのか、チェックしてみるのも良いでしょう。

ネット検索であれば、わざわざ引越し先の現地まで出かける必要はありません。またガス代に関する情報を頭に入れた上で、具体的な引越し先について、検討することもできるでしょう。

今回は、1カ月当たりのガス代の平均について紹介しました。平均よりもだいぶ高い!と思ったら、引越しを期に節約を検討してみるのもオススメです。まずは今のガス料金のチェックから、スタートしてみてはいかがでしょうか。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー