毎日使うガスだからこそお得に!プランの種類や節約方法を具体的に解説

ガスの契約プランの種類

日常生活に欠かせないガス。調理やお風呂に欠かせないものとわかってはいても、「もう少し節約できたらなぁ」なんて思った経験はありませんか?

引越しをするときには、ガスのプランをみなおして、料金節約できるよう工夫してみてはいかがでしょうか。ガス代節約のために知っておきたい、ガスの契約プランの種類について解説します。

契約中のガスは、都市ガス?それともプロパンガス?

都市ガス?それともプロパンガス?

現在、日本国内で供給されているガスの種類は2種類あります。

・都市ガス
・プロパンガス
両者の間には、ガスの原料や主成分にも違いがありますが、もっとも大きな違いといえば、ガスの供給方法についてです。都市ガスは、地面の下に通されたガス導管を通って、各家庭へとガスが供給されています。水道管と同じような仕組みをイメージすると良いでしょう。

一方でプロパンガスは、専用のガスボンベを住宅に設置することで、家庭内へとガスを供給しています。当然ボンベが空っぽになれば、ガスを使うことはできなくなります。こうした事態にならないため、契約しているプロパンガス会社が定期的にガスボンベの交換作業を行っているのです。

都市ガスとプロパンガスは、料金にも差があります。都市ガスを使う際にかかる料金は、公共料金の一種であり、業者によって大幅な変動が起きることはありません。一方でプロパンガスは、各業者が自由に価格を設定することができます。都市ガスよりもプロパンガスの方が高値に設定されているケースが多く、注意が必要です。

ガス代を節約したい!と思うときには、ガスの契約をプロパンガスから都市ガスへと切り替えるのがオススメですが、現実にはこれも簡単ではありません。都市ガスを利用するためには、専用のガス管が地中に埋められていて、都市ガスが利用できる環境が整備されていることが必須条件となります。特に地方部においては、都市ガスの利用が不可能で、プロパンガスしか契約できないケースも珍しくありません。

一般的には、プロパンガスから都市ガスへの切り替えは非常に難しいのですが、引越しのタイミングであれば話は別です。「都市ガスが利用できること」という条件のもとで引越し先を検討できれば、毎月のガス代を大幅に減少することができるでしょう。

新居でもガスを利用するつもりであれば、ぜひ引越し予定地域のガス事情についてもチェックしてみてください。都市ガス利用可能エリアであれば、生活環境や状況に応じて、都市ガス・プロパンガスの両方から選択可能です。一方、都市ガスに対応していないエリアであれば、多少高くてもプロパンガスを使用せざるを得ないでしょう。

ガス会社が提供する契約プラン例

あまり知られていませんが、各ガス会社は契約者向けに、さまざまな契約プランを用意しています。各家庭の使用状況に応じたプランを選択することで、ガス代の節約につなげられる可能性も高いでしょう。

とはいえ、具体的にどんな契約プランを用意しているのかは、ガス会社によって大きく異なります。特にプロパンガスの場合は販売店ごとの差が大きいので、利用予定の会社の情報をしっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

ガス会社が提供している契約プランの例としては、以下のようなものが挙げられます。

・潜熱回収型給湯器(エコジョーズ)を利用している方向けのプラン
・ガス温水床暖房を利用している方向けのプラン
・ガスから電気を生み出すシステムを採用している方向けのプラン
一般的には、より省エネ性能が高い給湯器を使用している方向けのプランや、ガス使用量い方向けのプランが多く設定されています。

該当条件に当てはまるのであれば、プラン変更を検討することで、ガス料金が安くなる可能性もあるでしょう。ぜひ利用できるガス会社の中で、自分たちの生活スタイルにもっとも合うプランを提供してくれるところを選択してみてください。

都市ガスの場合、電力とのセットプランは?

電力とのセットプラン

ガス代の節約について、近年話題となっているのが都市ガスの自由化です。2017年4月以降は、プロパンガスと同様に都市ガスにおいても、契約会社を個人が自由に決定できるようになっています。

都市ガスの自由化で多数登場したのが、電力とガスをセットで提供するプラン。契約先を一つにまとめることで、光熱費全体を安くできるというようなプランです。電気と都市ガス、両方が自由化されたことにより誕生した、新たなプランと言えるでしょう。

電力会社やガス会社にとっては、電気とガスをセットで提供することで、契約数のアップや使用料金のアップを狙えます。よりメリットが大きくなるよう、両方契約した場合にのみ適用される、特別な割引プランを用意するところも少なくありません。

とはいえ、電力とガスのセットプランを契約する場合、「自分たちの電気・ガスそれぞれの使用状況からみて、本当にお得になるのかどうか」をしっかりと吟味する必要があります。「セットなら安くなる」と思い込んでしまいがちですが、実際には、電気・都市ガスそれぞれで安値を提示してくれる業者と個別で契約を結んだ方が、トータル費用が安くなるケースも存在しています。

セットプランも人気ではありますが、ガスや電気の使用状況は、各家庭において大きく異なるものです。あらゆる選択肢を考慮しながら、自分にとってベストな契約スタイルを見つけ出してみてください。

プロパンガスの場合、会社の乗換えが節約への近道

プロパンガスの場合、会社の乗換えが節約

2017年のガス自由化によって、状況が大きく変わったのは都市ガスについてです。実はプロパンガスは、2017年以前から、契約者それぞれが自由に契約会社を選択できる仕組みが整っています。

つまりプロパンガスの場合、会社が提示する料金設定に納得できない場合、別の会社を自由に選択できる権利があるということ。このため、プラン変更よりもガス会社そのものの変更を検討した方が、ガス代の節約につながる可能性が高いでしょう。

ガス会社の変更に対して、面倒だと感じる方もいるかも知れませんが、引越し時には必然的にガス会社を見直すケースも多いはずです。このときに、ぜひガス代についても考慮の上、契約先を決定してみてください。

プロパンガスの販売会社の中には、料金システムの詳細や単価についての情報を公開しているところもありますが、残念ながらその数は決して多くはありません。だからこそ契約前に、自分自身でしっかりと行動を起こし、契約後の料金体系についてチェックしておく必要があります。

契約可能なプロパンガス会社をいくつかピックアップしたら、それぞれで見積もりを提示してもらいましょう。その内容に、納得できるところと契約するのが一番です。

中には、契約時の料金だけを安く抑え、年々ガス料金を値上げしていく業者もあります。このようなリスクについても、契約前に事前確認しておくとより安心できます。

賃貸住宅の場合は、選択権は大家さんにある!

自由に契約会社を選択できるプロパンガスですが、賃貸住宅の場合、契約先の決定権は大家さんにあります。残念ながら、物件に居住する人が自由に決定できるわけではありません。

プロパンガスを利用している賃貸住宅を探すときには、ガス会社や料金システムについても考慮した上で、希望物件を選択してみてください。事前に確認させてもらうのがベストです。

毎日使うガスだからこそ、引越し時のちょっとした工夫が、毎月のコスト削減につながっていきます。契約前のタイミングだからこそできる節約方法も、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー