都市ガスとLPガスの違いって?毎月のガス代ってどう決まるの?

都市ガスとLPガスの違い

みなさんがお使いのガスは、都市ガスですか?LPガスですか?

どちらもガスだけど種類は違うということはお分かりかと思いますが、一体どんな違いがあるのでしょうか。ここでは、意外と知られていない「ガスの種類や違い」と「ガス料金はどのように決まっているのか」を詳しくご紹介していきます。

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

都市ガスとLPガス(プロパンガス)の違い

ガスの種類は「都市ガス」と「LPガス(プロパンガス)」の2種類があります。どちらも用途は同じではありますが、結構違いがあるものなのです。では、それぞれ見てみましょう。

供給方法

「LPガス」ボンベに充填して事業者が配送

「都市ガス」道路下のガス管を通じて供給

都市ガスとLPガスでは、みなさんのお家まで「どのようにしてガスが届いているのか」が大きく異なり、目で見て分かりやすいのが「ガスボンベがあるかないか」です。LPガスはガスボンベがあり、このボンベに液化されたLPガスを充填して事業者が配送します。一方都市ガスではガスボンベはなく、地中のガス管を通じて気体の状態で供給されます。

都市ガスはどこの地域でも利用出来る訳ではなく、ガス管がないと使うことができません。

このガス管を引くには多額の初期投資が必要となり、ある一定数以上の民家が集中しているエリアでないと引くことができない(初期投資を回収出来ない)事から、地方や離島などの都市ガスが引けない地域ではLPガスが多く使われています。

原料

「LPガス」プロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガス

「都市ガス」メタンを主成分とする天然ガス

LP・都市ガス共に大半が海外からの輸入になります。(主な輸入国は異なります。)

同じガスではありますが、LPと都市ガスでは原料が異なります。

LPガスは、プロパンやブタンが主成分で液化石油ガスを原料としたガスです。空気より重い為、万が一ガス漏れした場合は床に向かって低い所でたまります。その場合はドアを開けてほうき等で掃くようにして外に出しましょう。

*LPガスとは、液化石油ガス「liquefied petroleum gas」の略称です。

都市ガスは、メタンを主成分とする天然ガスです。空気より軽い為、万が一ガス漏れした場合には窓を開ける事で外に放出することが出来ます。

みなさん、一度は「ガスくさい」と感じた経験があるのではないでしょうか?実は、本来LP・都市ガス共に無臭で、ガス漏れ時にすぐ気づけるように匂いをつけてあるそうです。ガスくさい!と感じたら、早めに換気しましょう。

熱量

「LPガス」1㎥あたり約24,000kcal

「都市ガス」1㎥あたり約11,000kcal

LP・都市ガスは、上で挙げたように原料が異なる為、熱量も異なります。LPガスのほうが熱量が高く、同じ体積で都市ガスのおよそ2倍以上の熱量を出すことが出来ますが、火力が大きく変わるというわけではありません。というのも、コンロなどのガス機器はガスの種類、熱量に合わせて作られ、都市ガス用ではLPガス用よりも多くガスが出るようになっているからです。もしお引越し等でガスの種類が変わるとなると、使っていたガス機器が使えなくなる可能性があるので、持込のガス機器がある場合は注意しましょう。

復旧速度

「LPガス」災害時の復旧が早い

「都市ガス」災害時の復旧が遅い

地震や台風などの災害が起きてガスが止まると生活に困ってしまいますよね。そういった災害が起こった時、非常時に強いのはLPガスなんです。

LPガスは、各家庭にボンベが設置されているので点検が早く、ボンベ・配管・ガス機器の安全が確認できればすぐに使えます。

しかし都市ガスはガス管がある為、LPガスに比べて復旧速度が遅いと言われています。都市ガスは【工場でガスを製造→コンビナートへ貯蔵→ガス管を通して各家庭へ供給】という流れになっていて、供給する為のガス管が破損してしまうとガスを送ることができません。復旧を行う場合、地中のガス管を確認して、問題のあるガス管は新しいものに交換してからガス供給開始となり、更に、エリア供給なので数百戸、数千戸単位の安全確認が必要になるため時間がかかってしまいます。

料金

LPガスの料金は、都市ガスの料金よりも一般的に高いと言われています。

都市ガスと違って、ガスボンベの交換や配達などがあるのでその分人件費がかかります。

また、LPガスは料金設定に関して規制がなく、各業者が自由に料金設定しています。料金の公開も義務ではないので、料金確認が出来ず、値上げしていてもわからないという業者もくたくさんあるそうです。

ガス料金のしくみ

ガス料金のしくみ

LPガスと都市ガスで、料金が異なることが分かりました。では「ガス料金はどういうしくみになっているのか」それぞれの違いは一体なんでしょうか?

LPガス

「二部料金制」基本料金 + 従量料金

「三部料金制」基本料金 + 従量料金 + 設備使用料金

「最低責任使用料金制」最低使用料金 + 超過した分の従量料金

LPガスでは複数の料金形態がありますが、主に普及しているものは二部料金制です。

都市ガス

「二部料金制」基本料金 + 従量料金

ガス料金の内訳って?

ガス料金の内訳

みなさんが利用する一般家庭などのガス料金は、「基本料金」「従量料金」を合わせた料金から構成されています。

ガス料金 = 基本料金 + 従量料金

基本料金とは

毎月一定額かかる(ガスを全く使わなくてもかかる)料金です。この基本料金には、ガス使用量を計るガスメーター、ガスを運ぶ供給設備のメンテナンス、保安や検針にかかる費用、点検調査、設備維持費などが含まれており、LPガスでは、ガスボンベ配送が必要な為人件費がかかり、都市ガスよりも基本料金が高くなっています。

従量料金とは

従量料金(円) = 従量単価(円) × 使用量(㎥)

従量料金は、ガス使用量に応じてかかる料金です。ガスの使用量は各家庭の人数や季節でも大きく異なります。従量単価はガス1㎥あたりの単価で、原料費調整制度による加算・減算した調整額などにより毎月変動します。また、使用量に応じて単価が変わるスライド式があり、0から10m³が○○○円、10をこえて20m³まで○○○円というように、使用量が多くなるにつれて従量単価は小さくなっていくのが特徴的で、この従量単価はガス会社によって大きく異なります。

原料費調整制度とは

上記の従量料金で出てきた原料費調整制度とは、都市ガス、LPガスの原料となる液化天然ガスや液化石油ガスなどの大半は海外からの輸入となる為、これらの購入価格の変動を適切な形で料金に反映させるために導入されている制度です。貿易系統価格の3ヶ月の平均値と、基準の原料価格との差額によって毎月調整されます。反映される時期は、中2カ月の間隔をおいて次の1カ月分のガス料金になります。

設備使用料金とは

三部料金制に書かれている設備使用料金は、二部料金制では基本料金に含まれています。設備使用料金には、ガス消費設備や各種システム利用料などの費用が含まれ、項目名はガス会社によって変わる場合があります。

最低責任使用料金制とは

最低責任使用料金制

最低責任使用料金制は、一定のガス使用量までは「最低責任使用料金」として固定で支払い、それを超過した分の従量料金(従量単価×一定量を超過した分のガス使用量)を加えた料金制です。この制度を用いているガス会社はごくわずかだそうですが、ガス使用量が少ない場合に使われる制度のようです。

いかがでしたでしょうか?

都市ガスとLPガスの違いは、単にガス料金が異なるだけでなく、供給方法や原料及び熱量、復旧速度が異なる事、どちらともメリットデメリットがある事がわかりました。賃貸の方は自由にガスを変えることはできませんが、持ち家の方であればご自身に合ったガスを選ぶ事ができるので、何を重要視するのかで検討してみるのも良いかもしれないですね。

ガス料金の内訳は基本的に、固定でかかる「基本料金」と使った分の「従量料金」で構成されています。今までなんとなく届き、よくわからなかった検針票ですが、何が引かれているのかわかるようになったと思います。ご自身のガスの検針票をみて、自分はどのくらいガスを使用しているのか確認してみましょう。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー