引越しを機に検討しよう!ガス自由化のメリットや新ガス会社の選び方

引越しを機に検討しよう

2017年4月より、都市ガスの自由化がスタートしています。電気のように上手に会社を乗換えることで、料金の節約につなげられるのでは…?と、期待している方も多いのではないでしょうか。

引越しで環境が変わるときには、ガス自由化の恩恵を受けるチャンスでもあります。ガス自由化について、わかりやすくまとめました。

ガス自由化とは?

ガス自由化とは

近年、私たちの生活を支えるライフラインについて、「自由化」が話題になることが増えてきています。2016年の電力自由化に続いて、2017年に自由化されたのが都市ガスです。

実は都市ガスは、地域独占型で消費者の元へと供給されてきました。つまり、東京ガスが担当するエリア内において、契約できる都市ガスの会社は東京ガスのみということ。その他の選択肢はありませんでした。自由化によって、ようやく自分の考えのもとで、多くの事業者の中からピッタリな企業を選べるようになったわけです。

ただし2017年の制度変更の対象は、あくまでも都市ガスのみ。都市ガスが利用できるエリアは限られており、それ以外の地域に住んでいる方は、プロパンガスを契約しています。プロパンガスは、もともと自由化されており、こちらの制度がスタートしたからといって状況が大きく変わるわけではありません。

ガス自由化の目的は付加価値の創造

都市ガス自由化は、国が推し進めるエネルギーシステム改革に基づくものです。エネルギーシステム改革では、電力自由化と都市ガス自由化を合わせて考えられています。

電力自由化の折には、低価格化に焦点があてられるケースも多かったのですが、エネルギーシステム改革におけるもっとも重要な視点は、新しい価値を創造すること。つまりコスト面での負担軽減はもちろんのこと、付加サービスの提供や特定の目的に特化した経営方針など、これまでとは異なるメリットを重視して、契約会社を選ぶことができるということです。

自由化が進み、消費者意識が変化していけば、事業者同士の競争も加速していくでしょう。各種エネルギーを通じた、全く新しい事業機会が生み出されるかも知れません。これこそがエネルギーシステム改革の目的であり、ガス自由化が目指すところです。

新ガス事業者は多種多様

ガス自由化によって、さまざまな新事業者が都市ガス市場へと参入しています。自由化で新たな事業者と契約を結びたい!と思ったときには、新ガス事業者についても詳しくチェックしてみてください。

ガスを供給するためには、まず原料を仕入れる必要があり、それは決して簡単なことではありません。このためガス事業に新たに参入する事業者としては、もともと原料を仕入れるルートを持っているところが多くなっています。

・電力会社
・石油会社
・商社
・石油開発系会社
またこれ以外にも、ガスの小売りに特化して、新規事業を立ち上げる企業も少なくありません。

・携帯電話会社
・インターネットプロバイダ会社
これらの会社は、自社契約とセットでガス契約を結ぶことで、割引プランを利用できるケースもあります。

ガス自由化のメリット・デメリット

ガス自由化のメリット・デメリット

ガス自由化の仕組みや目的について理解したところで、次に気になるのが、実際にガス会社を変更した場合のメリットとデメリットについてです。実際に契約変更する前に、チェックしておきましょう。

【ガス自由化のメリット】

・自分の好きなガス会社と契約できる
・料金メニューやプラン選択の幅が広がる
・ガス料金にこだわって契約することも可能
これまで、お住まいの地域によって自動的に決められていたガス会社を、それぞれのライフスタイルに合わせて選択できるようになったという点が、ガス自由化によるもっとも大きなメリットだと言えます。

会社が変われば、ガスとセットで提供されるメニューの内容も変わってきます。また契約プランの内容やポイント制などの付加価値についても、自身の希望によってピッタリなところを選択できるでしょう。単純に「ガス料金が安いところがいい!」なんて決め方も、もちろん可能となります。

またこうしたメリットは、今後も進化し続けていくでしょう。ガス会社の乗換えが当たり前の時代になれば、業者間の競争がより一層刺激され、消費者にとって利便性の高いサービスが提供される可能性もあります。現在だけではなく、今後の流れについてもしっかりとチェックしておきたいところです。

ただしガス自由化にも、デメリットがないわけではありません。

【ガス自由化で考えられるデメリット】

・電力自由化と比較すると、新規参入企業数が限定される可能性がある
・自己責任でプランや会社を選択しなければならない
ガス事業に参入するためには、非常に大きなハードルがあります。また都市ガスが提供されているエリアが少ないこともあり、ガス自由化によって恩恵を受けられる方はごく限られているとも言われています。

またガス会社を自由に選べるということは、その分消費者側の責任が増すということ。ガス会社を変えたことで料金が安くなることもありますが、もちろんその逆も考えられます。ライフスタイルやガス使用状況において、選択の幅が増える分、考慮しなければならない点が増えるのもデメリットの一つと言えます。

ガス自由化の恩恵を受けられる人とは?

ガス自由化の恩恵を受けられる人

ガス自由化の恩恵を受けられる可能性があるのは、以下の条件に当てはまる方々です。

・都市ガスを利用している方
・引越し後の地域で、都市ガスを利用予定の方
・新規事業者が積極的に参入している地域の方

今回の自由化の対象は、あくまでも都市ガス。残念ながらプロパンガスしか利用できない場合、恩恵を受けることはできません。

「都市ガス自由化により業界全体の透明性が高まることで、プロパンガス業界にも良い流れが生じるのでは……?」という見方もありますが、こうしたメリットを実感できるようになるまでには、まだまだ時間が必要だと言えるでしょう。

またせっかく自由化したとしても、新規事業者の数が少ないエリアも存在しています。選択肢が極端に少なければ、自由に選べる恩恵は限りなく小さくなってしまいます。当然業者間の競争を生み出すこともできません。

電力自由化と比較すると、まだまだデメリットも多く、今後の流れが注目されているのがガス自由化の特徴でもあるのですね。

引越しに伴うガス会社の検討方法と乗換え後に気になること

引越しに伴うガス会社の検討方法

ガス自由化で契約会社を自由に選ぼうと思ったとき、契約を切り替える引越し時は絶好のタイミングだと言えるでしょう。ぜひ自分にピッタリな事業者を探してみてください。

引越し時には、ガス会社の選定以外にも、いろいろとやらなければならない作業が存在しています。このため、できるだけ負担を少なくしながら、しっかりと選定作業を行いたいところです。

ガスは私たちの生活に欠かせないエネルギーだからこそ、会社を変えたあと、困ったことが起きるのでは……?と、不安を感じてしまう方もいるのではないでしょうか。

ガス会社を乗換えたあと、ガス使用中に何らかのトラブルが発生した場合でも、消費者を守る仕組みが整備されているので安心してください。ガス機器の故障など、緊急性の低いトラブルが発生した場合には小売事業者が対応し、ガス漏れなどの緊急性の高いトラブルの場合、これまで通り地域の都市ガス会社が担当してくれます。

責任を持ってガスを安全に使用できる環境が整っているので、安心して会社を乗換えることができます。

ガス自由化と新事業者についての情報をまとめました。その特徴やメリット・デメリットはいかがでしたか? 引越し先で都市ガスを利用する予定であれば、ぜひガス会社の乗換えについても検討してみてください。ガス料金を節約できる可能性もあるでしょう。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー