我が家のインターネット代は平均的?1ヶ月のインターネット代の平均額を徹底調査!

人々の生活に欠かせないインターネット。もはやインターネットはなしの生活は考えられない。という方もいることと思います。そんなインターネット代の平均額について考えたことはありますか? 家庭のインターネット代が平均と比べて高いのか、それとも安いのか気になるところ。そこで今回は1ヶ月のインターネット代の平均額を調査したので、ご紹介します。

インターネット代に含まれる項目は?

そもそもインターネット代の細かな内訳を知らないという方も少なくありません。まずは月々のインターネット代に含まれる内訳を見てみましょう。

最初は「初期費用」が請求される

引越しや乗り換えなどで、インターネットの接続会社と新たに契約した場合に掛かる費用です。 初期費用には登録料と工事費が掛かりますが、こちらは契約した最初の月のみ請求となります。ただし工事費に関しては、月額利用料と合わせて分割で請求されるところがほとんどです。また登録料の相場も会社によって異なりますが、高くても3,000円程度、安いところだと1,000円しない会社もあります。

登録料ではなく「契約料」という名目で請求されることもありますが、いずれにしても契約時にしか発生しない費用です。また工事費の相場は契約内容によって異なりますが高い会社で35,000円前後。安くても20,000円しないくらいです。こちらは戸建てか集合住宅によっても異なります。一般的には戸建ての方が工事費は割高です。

毎月請求される費用①光回線とプロバイダの利用料

月々のインターネット代の要となっているのが、光回線とプロバイダの利用料です。

光回線とはインターネット回線の一つで、これがないとそもそもインターネットを使用することができません。

インターネット回線には他にも、モバイル回線やケーブル回線がありますが、一番通信速度が速いのは光回線といわれています。

ほとんどの家庭の多くはこの光回線を利用しているといっても過言ではありません。その光回線を所有・管理している事業者に払うのが光回線利用料です。

もう一つのプロバイダ利用料とは、回線とインターネットにつなげるための事業者に支払うもの。光回線とプロバイダ、両方と契約をしてインターネットが使用できるようになるのです。

毎月請求される費用②機器のレンタル料金

インターネットを使用するためにはさまざまな機器が必要です。

どの家庭にも置いてあるものですが、この機器は事業者からレンタルしていることがほとんど。モデムやルーターといった名前が一般的ですが、聞きなじみのある名前では「Wi-Fi」とも呼んでいます。

毎月請求される費用③その他のオプション料金

毎月の請求に上乗せされるのが、その他のオプション料金です。

上乗せされるなら別にオプションはつけなくても…と考えるかもしれませんが、オプションとセットにすることで節約につながる場合があります。 固定電話サービスや映画などの有料サービスがお得に視聴できるテレビサービスなど。家庭のライフプランに合ったオプションをつけることで、経済的にも得をします。

1ヶ月のインターネット代の平均額は?

毎月のインターネット代に掛かる項目が分かったところで、今度は1ヶ月のインターネット代の平均額を見てみましょう。

インターネット代の平均額

戸建てかマンションかによっても異なりますが、戸建ての場合は約5,000円。

マンションの場合は約3,800円が平均額となります。 この金額よりも高いようなら、契約内容を見直す必要があります。

インターネット代が高いと感じたら?チェックすべきポイント!

家庭のインターネット代が平均よりも高い!今度はそんなときにチェックする項目をご紹介します。

契約時に説明を聞かずに申し込んでしまった

インターネット代の平均額が高いと感じる方の多くはこちらに当てはまります。 契約の際に話をあまり聞かずに申し込みをしてしまい、自分に合ったプランでないことが考えられるパターンです。

マンションか戸建てかで大きく差が出る

先ほどご紹介した通りですが、マンションか戸建てかによっても差は出ます。 その差額は1,000円前後。戸建てに住む自分とマンションに住むママ友の話を聞いて「高い?」と感じた経験がある方も少なくありません。

なぜマンションのほうが安いかというと、回線をマンションの住人が共同で使うことが多いため、戸建てよりも安く設定されているのです。

不要なオプションがある

「お得だから」とあれもこれもオプションを付けると却って損をすることも。

固定電話がなくても不自由のない家庭に固定電話サービスは本当に必要でしょうか?テレビをあまり見ることがない家庭にテレビサービスはお得といえるでしょうか? 1ヶ月のインターネット代が高いと感じた方は、こういった不要なオプションが付いていないかもチェックしてみましょう。

割引サービスやサポート期間が終了した

これまでは安かったのに、いきなりインターネット代が高くなった…。

そんな方は割引サービスやサポート期間が終了した恐れがあります。契約時の話を思い出してみてください。 「最初の〇ヶ月は無料!」「1年間は無料でサポートします!」といった説明があったはず。ある月を境目に急に料金が跳ね上がった方は、このようなケースが考えられます。

1ヶ月のインターネット代を平均額より安くしたい!選び方のポイントは?

最後はインターネット代を平均額より安くするための選び方のポイントをご紹介します。

平均額より少しでも安く抑えたく乗り換えを考えている方や、引越し先でのインターネット契約について検討している方は参考にしてみてくださいね。

工事費無料キャンペーンを利用する

最初の項目でご紹介したように、インターネットの契約をする際は工事費が最初に請求されます。ここの金額は、高いと40,000円近い出費になることも。

初期費用なので毎月の料金の節約とは関係ないかもしれませんが、それでも40,000円近い出費がただになるのはうれしいですよね。

最初の費用を安く抑えたい方は、工事費などの初期費用が無料になるキャンペーンを探してみるのもいいかもしれません。

光回線とプロバイダ契約がセットになっているプランを選ぶ

こちらも最初の項目でご紹介したように、光回線とプロバイダの利用料契約を結んでインターネットが使えるようになります。光回線もプロバイダもそれぞれ別契約となるのが基本ですが、回線業者がプロバイダ会社を提供してくれるところもあります。

つまりあらかじめ光回線とプロバイダの利用料がセットになっているので、かなり安くインターネットを使用できるのです。

キャッシュバックを利用する

多くの会社が固定客を引き込もうと行っている「キャッシュバック」で選ぶのも一つのポイント。契約をすることで数万円のキャッシュバックが期待できます。

割引ではなく現金で還元される方がお得だと感じる方は、キャッシュバックキャンペーンを大いに利用しましょう。

毎月の利用料が安い会社を選ぶ

何でもいいから毎月のインターネット代を抑えたい方は、月額基本料金が安いものを選びましょう。ただしお得な割引が適用されない場合があります。

あとは平均速度が他社と比べて遅くなる恐れもあるので注意が必要です。「とにかく安い」のはいいことですが、それなりのリスクもつきもの。

しかし自宅でインターネットを頻繁に使用するわけではなく、毎月の使用料をとにかく1円でも安くしたい方におすすめです。

毎日欠かせないインターネットだからこそ、契約会社を上手に選ぼう!

今回は1ヶ月のインターネット代の平均額や、インターネット代の内訳についてご紹介しました。

これまでインターネット代について深く考えていなかった方や、平均額について知りたい方の参考になったでしょうか。インターネットは私たちの生活になくてはならないもの。だからこそ少しでもお得に使用したいですよね。

平均よりも高いと感じた方は、チェックポイントを参考にしつつ、乗り換えを検討してみるのもいいかもしれません。 今回の記事を上手に活用しながら、快適なインターネット生活をお過ごしください。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー