インターネットの違約金とは?発生状況や出費を抑えるためのポイントを解説

引越しをする際には、インターネット環境の見直しが必要となります。いろいろと手間が発生するだけではなく、違約金がかかるケースもあるということをご存知ですか?

引越し時に知っておきたい、インターネット契約の違約金に関する情報をまとめます。違約金はどのような状況で、どの程度の費用が発生するのでしょうか。安心して引越しするためにも、ぜひチェックしてみてください。

インターネット解約時の違約金とは?

自宅でインターネットを利用するためには、各事業者とインターネット契約を結ぶ必要があります。契約時にはさまざまな条件が定められていますが、解約によってこの条件を満たすことができない場合に、支払いを求められるのが違約金です。

インターネット解約時に違約金が発生するパターンとしては、概ね以下の2つです。

・契約時に最低契約期間が定められていたにも関わらず、それを満たせなかった場合
・契約更新月以外に、解約しようとした場合

引越し以外でも、インターネットの乗換えを検討する際に、高額なキャッシュバック割引キャンペーンを見かけたことはありませんか? これらのプロモーションは、契約後一定期間の継続利用を見込んで実施しているもの。お得な期間が終わったあとに、すぐ顧客が解約してしまわないよう、事前に契約期間が定められているケースがあります。

もう一つは、携帯電話と同じように契約期間が自動更新されるスタイルとなっていて、契約更新月以外に解約すると、違約金が発生するパターンです。多くの事業者は契約期間を2年に設定しています。契約期間と契約更新月について、事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

また固定回線でインターネットを利用する場合、回線業者とプロバイダ業者、それぞれとの契約が必要となります。解約時には、どちらの業者にも違約金を支払わなければならない可能性があります。

違約金がかかるかどうかは、契約プランによって異なる!

インターネット解約時の違約金で、数万円もの請求が来た!なんて体験談を目にすると、「自分の場合はどうなのだろう……」と不安に感じてしまいがちです。

しかしインターネットの違約金は、解約しようとしているすべての人に課せられるわけではありません。まずは自分が違約金の対象かどうかを判断してみてください。

違約金の有無を調べるために必要なのは、自身が現在契約している、プランの詳細です。契約書などをチェックしてみてください。

最低利用期間だけが定められている契約方法であり、さらにその期間が過ぎている状態であれば、当然違約金は発生しません。いつでも自由に、契約を終了させることができます。

2年縛りの自動更新プランは、2年ごとの自動更新を条件に月々の料金を割引く仕組みとなっています。違約金に関する規約がないか、細かい文字までしっかりとチェックしておきましょう。

また違約金が発生する場合の金額も、契約先の会社や契約状況によって変わってきます。10,000円~30,000円程度のところが多いですが、具体的な金額は契約書や問い合わせでチェックしてみてください。

引越しの場合、違約金がかからない場合も

インターネット違約金

何かとお金がかかる引越しの場面で、違約金を支払うのはちょっと……と思う方も多いことでしょう。特に引越しの場合、「乗換えを検討しているわけでもないのに、いったいなぜ?」と感じがちです。

確かに、引越しによってインターネット環境の変更が必要になった場合、通常の乗換えとは少し状況が異なります。以下の2つの状況に当てはまる場合、違約金を支払わなくても良い可能性が高いので、ぜひインターネット業者に問い合わせてみてください。

引越し先でも、同じインターネット会社を利用する

インターネットの違約金が発生するのは、あくまでもその企業との契約を打ち切った場合です。引越し先でも同じ会社のインターネットを使うのであれば、違約金なしで引越し作業を進められる可能性があります。

ただし、引越し先で新しくインターネットを開通させるためには、再度工事が必要となるケースも。工事費用の方が、違約金よりも高くなってしまう可能性もあり、注意が必要です。

引越し先で、同じ回線を利用不可能な場合

インターネットの光回線が使えるエリアは、非常に広くなってきてはいますが、日本全国すべてをカバーできているわけではありません。新居でも現在の契約を継続していく前提で検討していたにも関わらず、業者側がサービスを提供していないために継続が不可能な場合には、違約金を支払う必要はなくなります。

ただしこちらについては、契約している会社によって対応方法が異なることも。事前の確認を忘れないようにしましょう。

違約金を最小限に抑えるためのポイント2つ

毎月のインターネット料金をできるだけ安く済ませたい!と思って安いプランを契約した方も多いでしょう。しかし、安いプランは解約時に違約金が発生しやすいプランとも言えます。だからこそ重要なのが、違約金を最小限に抑えるためのポイントです。以下の2つの方法を参考にしてみてください。

解約月を調整してみる

2年ごとの自動更新プランの場合、解約しても費用がかからない時期が設定されています。引越しすることが決まったら、まずはこの更新月をチェックしてみてください。

引越しとタイミングが合うようであれば、そのまま違約金なしでのインターネット解約を進めていきましょう。多少ずれる場合でも、引越し時期やインターネット利用タイミング、どちらかで調整するのがオススメです。

時期が大きくずれてしまう場合でも、可能であれば、「引越しまで時間があっても更新月の間に解約する」というのもオススメの方法です。解約後は自宅のネット環境がなくなってしまいますが、近年はモバイルWi-Fiルーターの種類も充実しています。

モバイルWi-Fiルーターであれば、引越し先でも持ち運ぶだけでそのまま利用可能です。引越しの都合で解約を迫られ、違約金を支払う必要もなくなるでしょう。

お得なキャンペーンをチェックする

違約金を支払うのにためらう気持ちもわかりますが、解約から新たな事業者へと乗換える際には、新規加入のお得なキャンペーンの対象となります。

つまり違約金を支払う以上のキャッシュバックや恩恵を受けられれば、違約金によるダメージは最小限に食い止められます。違約金の支払いが決定してしまったら、新規加入者向けのキャッシュバックキャンペーンの詳細について、チェックしてみてください。

利用できるキャンペーンや適用条件については、会社や時期によって異なります。自身の条件に合致し、且つできるだけお得なところを選択してみてはいかがでしょうか。

引越し予定があるなら、違約金を頭に入れた契約を

違約金を支払って再度新規加入する際に、次回引越しする可能性があるのであれば、今後の違約金についても考慮した上で契約するのがオススメです。近年では、違約金が発生しない契約プランも人気を集めています。この方式であれば、いつ引越しすることになっても、違約金で悩まされることはありません。

また、どこにでも持ち運んで利用できるモバイルWi-Fiルーターを契約するのもオススメです。自宅だけではなく外出先でも利用できますし、引越し時にも特別な工事を必要としません。引越し用の荷物と共に持ち運ぶだけで、その日からネットを利用できるので非常に便利です。

こちらについても、ぜひ検討してみてください。

インターネットの違約金に関する情報をまとめました。契約内容が違約金を支払う内容になっていれば、残念ながら支払いを免れるのは非常に難しいでしょう。更新月を狙うほか、インターネット会社を変えない選択をすることでしか、支払いを避けることはできません。引越しが決まったら、できるだけ早く行動を開始することで、余裕を持って動けるはずです。まずは契約内容をチェックするところから、スタートしてみましょう。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー