引越し先のネット環境を整えよう!固定回線とWi-Fiの違い・選び方を徹底解説

固定回線とWi-Fiの違い・選び方

新居へと引越しをする際には、新たな通信環境についても、じっくりと検討する必要があります。これまで何となく固定回線を使い続けてきたけれど、実はモバイルWi-Fiでも十分なのでは?と思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、固定回線とWi-Fiの違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。引越し先の通信環境整備に役立ててみてください。

固定回線とは?

固定回線

インターネットにスマートフォン、ゲーム機に動画配信サービスなど……私たちの生活にとって、インターネットはなくてはならないものです。引越しをすることになれば、インターネット環境を新たに一から整えていくことになります。

これまで主流であった方式といえば、固定回線です。外部から引っ張ってきた回線を屋内へと引き込み、有線で各種機器とつなぐことで、通信環境を実現しています。

固定回線の特徴は、以下のとおりです。

・回線を使って直接つなげるため、インターネットの高速・安定利用が可能
通信制限がない
・インターネットを利用するためには、別途プロバイダ契約が必要
ADSLケーブルテレビインターネット、光回線などの種類がある
・無線LAN機器をつなぐことで、Wi-Fi接続が可能

固定回線のメリットは、安定した高速通信を実現しやすいということです。直接回線を引き込むことで、さまざまな事象でスピードが左右されにくいという特徴があります。特に大量の動画や写真を送受信する場合や、オンラインゲームを楽しむ場合には、固定回線を選択した方がメリットは大きくなるでしょう。

固定回線に無線LAN機器をつなげば、家じゅうどこからでも快適にネットを使用できるようになります。導入時に引き込み工事は必要ですが、その後の快適性は非常に高いと言えるでしょう。

固定回線のメリットを最大限にするためには、高速通信でサービスも充実した、光回線を選択するのがオススメです。プロバイダ選びと共に、検討してみてください。

モバイルWi-Fiルーターとは?

モバイルWi-Fiルーター

一昔前までは、「自宅でインターネット=固定回線」でしたが、少しずつ状況が変わってきています。新たに登場したのがモバイルWi-Fiルーターで、これには以下のような特徴があります。

・工事不要でいつでも好きなときから使える
・バッテリーで稼働しており、持ち運びにも対応可能
・プランが豊富

モバイルWi-Fiルーターは、携帯電話のような端末を持ち運ぶことで、Wi-Fi環境を作り出してくれる機器です。購入したからといってすぐに利用できるようになるわけではなく、携帯やスマートフォンのように契約を結び、月額料金を支払うことによって利用できます。

実際にモバイルWi-Fiルーターが手元に届いたら、Wi-Fiを使ってネット接続したい機器に登録しましょう。この手順そのものは、固定回線を選択した場合とほとんど変わりがありません。

スマートフォンや携帯電話を契約する際には、それぞれの使い方によってピッタリのプランを選ぶことができます。モバイルWi-Fiルーターの場合もそれと同じで、ヘビーユーザー向けの無制限プランから、ライトユーザー向けのお手軽プランまで、それぞれの会社が多種多様な種類を展開しています。

あまりネットを使う機会は多くないものの、ないと困る!」という場合には、ライトユーザー向けのプランを選択することで、固定回線よりも費用の節約につなげられる可能性もあるでしょう。

またモバイルWi-Fiルーターは、外に持ち出して利用することも可能です。Wi-Fiであれば、外出中のスマートフォン利用で料金が跳ね上がることもありませんし、通信制限で悩まされることもありません。

今後、すぐに引越すことになった場合でも、モバイルWi-Fiルーターごと引越すことができ、新居でもすぐにネット環境を整えられるというメリットもあります。

それぞれのデメリットもチェック!

デメリット

固定回線とモバイルWi-Fiルーターには、それぞれデメリットも存在しています。メリットだけに目を向けて契約すると、「こんなはずじゃなかった!」と思う可能性もあるので、事前にチェックしておきましょう。

固定回線のデメリットは、ずばり工事の手間です。「引越しするときの最初の一回だけ」と思いがちですが、引越しシーズンには、工事のために1~2カ月待たされるケースも少なくありません。また引越し先によって工事が可能かどうかも変わってくるでしょう。申し込みから調査、実際の工事完了までは非常に大きな手間がかかりますし、工事費も負担しなければいけません。

また自宅でどれだけネットを使っても費用は一律ですが、それはそのまま、「家族の人数やネットを利用する機会が少ない場合、割高になる」ということ。光回線の場合は特に、マンションタイプよりも一戸建てタイプの方が割高に設定されていて、毎月の負担が気になるところです。

一方でモバイルWi-Fiルーターのデメリットは、携帯電話と同じように、使用できる環境に限りがあるということです。電波が繋がりにくい場所では、当然Wi-Fiに接続しても速度が遅くなってしまいますし、ほとんど使えない!なんてことも考えられます。自宅環境のチェックは必須だと言えるでしょう。

また短期間の間に大量のデータを送受信すると、回線に制限がかけられてしまう可能性も。どのモバイルWi-Fiルーターを選択するのかによって、料金や使い勝手が大きく異なりますから、よく検討する必要があります。

新生活での優先順位を意識した決定を

新生活での優先順位を意識

固定回線とモバイルWi-Fiルーター、どちらにもメリット・デメリットがあるとしたら……いったい何を決め手に選べば良いの!?と悩む方もいるのではないでしょうか。こんなときには、自身の生活における優先順位を意識して、導入通信機器を決定するのがオススメです。

たとえば、1人暮らしでネットを使うのが自分だけの場合、モバイルWi-Fiルーターを選んでも十分でしょう。いつでも自分のためのモバイルWi-Fiルーターを持ち歩くことで、快適ネット生活を実現できます。

一方で、家族がいてみんながネットを使いたい場合、モバイルWi-Fiルーターを個人で持ち歩くのは、事実上不可能になってしまいます。それよりも、最初の手間は多少かかっても、安定性と通信速度が安定した固定回線を選択した方が、快適な通信環境を生み出せるでしょう。

今後またいつ引越しするのかわからないような状態であれば、モバイルWi-Fiルーターの方が便利です。一方で、モバイルWi-Fiルーターでは電波が届かない場合は、必然的に固定回線を選ぶことになります。

自身の状況を整理した上で、ベストな方法を選択してみてください。

まずは引越し先の環境を確認してみよう

引越し先の環境

引越し先が決まったら、ネット環境の手配については、ぜひ早めに手続きをスタートしたいところです。固定回線の場合、工事決定から完了までの期間が長くなることも考えられますし、モバイルWi-Fiルーターの場合でも、自分にとってベストと思われる機器や会社、プランを選定する必要があります。

そのためにも重要なのは、引越し先の通信環境についてリサーチするということです。

・引越し先が賃貸物件の場合、光回線は引いてあるか
・光回線がない場合、工事は可能かどうか
・モバイルWi-Fiルーターは、きちんとつながるか

契約や工事に関して不安があれば、それぞれ担当者に確認しておきましょう。また引越し先が鉄筋コンクリート造の住宅の場合、モバイルWi-Fiルーターの使い勝手については、特に入念にチェックしてみてください。建物の特性上、思うようにつながらない可能性もあります。

これらのリサーチ結果から、必然的に導入手法が決まってくる方も少なくありません。早めに行動を起こすことで、引越し間際になって焦ることもなくなるでしょう。

引越しに伴うインターネット環境の変化について、頭を悩まされている方も多いのではないでしょうか。選択肢が増えた今だからこそ、余計に悩んでしまう……なんてこともあるのかも知れません。そんなときには、自身が置かれた状況を一つずつ整理してみてください。自分にとってのベストな方法が、きっと見つかることでしょう。

入力30秒!電気・ガス・ネットの引越し手続きをまとめて依頼!

お引越し先の都道府県必須
希望サービス
利用開始希望予定日
お名前必須
ご連絡先電話番号必須
メールアドレス

お電話でのご相談:0120-944-717
TEL10:30~19:30 (不定休)
※プライバシーポリシー